龍桜月歌の気まぐれなブログ

まあ気ままにこちらでもアニメ関連で書いていきます。

武装少女マキャヴェリズム―原作と見比べてみる第10話と感想―

ついに二桁の話数に入ってきました。
もう残り話数も僅か。
今回も原作との比較をしながら簡単に感想を書いていきたいと思います。


第10話―導入部―

基本的には今回は前回ラストの振り返りでしたね。
それにプラスして少しだけ進めたと言う感じでしょうか。
f:id:hundredonAngel:20170607235454j:image

まあほぼ台詞以外の違いはなかったですね。


第10話―原作との違い―

今回はやはりクライマックスということで結構原作にそっていました。
違いは少なかったです。


まずはここ。
台詞はいろいろ変わってはいましたが。
ここの飛び級台詞が少しなくなってました。
f:id:hundredonAngel:20170608004936j:image

f:id:hundredonAngel:20170608004957j:image

そして、ここの補足がアニメではありませんでした。


更に他のいろいろな説明が月夜ちゃんからされてたのですがそれも結構カットされてました。

f:id:hundredonAngel:20170608005038j:image

そのあと、原作では月夜ちゃんが話終わってから即ノムラが逃走するところ。ノムラは話終わって少し会話してから逃走してましたね。

f:id:hundredonAngel:20170608005106j:image

そしてそこからなにやら月夜ちゃんが斬々のことや友達のことについてノムラに話してたのもまあアニオリです。


蕨たちが戦ってたところ。アレは少し戻りまして原作4巻の内容になります。

今回は5巻がメインだったのですが4巻の内容が少し残ってました。

f:id:hundredonAngel:20170608011129j:image


あとはノムラが逃走した後。原作ではこんな展開になってから屋上にたどり着いてます。

f:id:hundredonAngel:20170608011715j:image

原作では1話にいた子ですね。


そして斬々が輪たちと遭遇する前原作ではこんな展開があるんですがこれは前の話にもっていった展開ですね。

f:id:hundredonAngel:20170608012302j:image


さらにここのシーン。原作では駆け付けてくるカットが入っています。人が足りてるという理由はそういう理由ですね。
f:id:hundredonAngel:20170608012635j:image


斬々との戦闘時での月夜ちゃんの説明のところ。原作では男で説明されてところ違う感じになってましたね。

f:id:hundredonAngel:20170608005212j:image

月夜ちゃんの説明は結構アニメでは先程言ったとおりカットされてる部分が多いです。

実際はもうちょい長かったり更に長かったりします。


まあ今回は少なかったのでこのくらいでしょうか。

あとは簡単な台詞の違いっだったり、少し台詞がカットされてたりそんな感じでした。


第10話―感想―

今回も個人的にはよかったです。
今回は基本的に原作にそって進んでくれてこのままいってほしいです。
特に月夜ちゃんVS斬々は戦闘描写でも好きなところでもありますし。
短かったですがよかったですね。
そして今回から原作5巻に入りまして。
4巻の内容も少しやった、という感じです。
内容的には4巻の第二十二節  残虐な「神」が支配する から 5巻の第二十五節  空手の「究極」と剣の「畢竟」までやっていきました。
今回で斬々の技の正体がようやく「空手」だと判明しましたね。
いやまあ序盤で察する人もいたのではないかと思いますが。
そして今回出てきました途中の回想。少し重要になります。
まあ尺がないのでどうかなーとか思いますが。今後の展開的にも。
あとは今回出てきたキャラに関しても後程明らかになるので。

そして今回月夜ちゃんがののに友達か、と聞いて助けに入ってましたが。
まあ前回話しましたののと月夜ちゃんのアニオリのところ。
ちょっと伏線入ってましたね。
アニメではアニオリで伏線はっていくの多いですね。

というか個人的に気になったのは次回のサブタイなんですよね。
次回のサブタイである

胸に残るあの日の「弾丸」

このサブタイ。
原作にはないサブタイなんですよね。
いや、まあただ単に展開は原作通りでサブタイだけ合ったものに変えただけなのかなーと思ったんですけど。
これまでずっとどんな話でも原作にある同じサブタイでやってきていましたし、いきなりサブタイ変えるか?と思いまして。
いや、ここまでずっと原作通りに来てまさかアニオリで終わらせるとかはないとは思うんですが。
まさかもあり得ますからね。

まあ結局は最終回まで残り2話。
もう2話しかないんですね…
早いものです…。

それを見て確かめていくしかないですね。

残り2話。
どう最後を迎えるか。
見守っていきたいですね。





さて簡単にはなりましたがここまでです。
残り2話。
最後まで比較&感想は簡単にはなりますが書いていきますのでよろしくお願いします。






では次回
f:id:hundredonAngel:20170608015407j:image

お楽しみに!