読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍桜月歌の気まぐれなブログ

まあ気ままにこちらでもアニメ関連で書いていきます。

武装少女マキャヴェリズム―原作と見比べてみる第1話と感想―

昨日放送されました武装少女マキャヴェリズム第1話ですが、今回はその1話の感想や原作と見比べてみたときどうなのか、ということを簡単にお話ししていこうかと思います。


原作第1話とアニメ版第1話導入部分の違い

f:id:hundredonAngel:20170406100104j:image
アニメでの導入部分は天下五剣が五剣会議にてノムラの処遇について話し合っている場面でしたね。
しかしこの場面、原作だと最初の導入部分ではなく1話でノムラとマスコが出会った後に出てくる場面なんですね。
そこからマスコが天下五剣の説明や学園の説明なども原作だと始めるのですがアニメだと教室で佐々ちゃんが説明してましたね。
因みに原作の導入部分はBパート開始時の場面からノムラの回想で五剣会議などの場面が登場する感じになっています。
アニメではやはりまず「天下五剣」というこのアニメの根本となる存在を最初に示しておきたかったんですかね。

他にもまあ細かいとこですが順番変わってるところはありましたが物語に支障はないところですし違和感なくいい感じになってました。


他にも様々な変更点

今回のアニメ1話は基本的に原作版の1話を丸々使い作られたのですが導入部分以外にも原作からの様々な変更点がありました。

  • 斬々が五剣会議に降りてきた際、ここから斬々と輪&メアリが戦った回想が原作だとあるのですがそれがカット
    f:id:hundredonAngel:20170415132353j:image
(本来なら原作にこんなシーンを含めた回想の戦闘があの後に入っています)

  • ノムラが逃走中に斬々を発見する場面がカット

  • 外出許可証に関しての説明が1話でなされる(原作では2話でマスコから話される)

  • 阿吽の呼吸の説明が月夜ちゃんから話される(これはおそらく原作だと文字説明ですがアニメだとキャラにしゃべらせた方がいいためだと思われ)
  • これが一番重要かもしれませんが本来1巻1話の描写にない、ノムラに関する多くの描写がアニメでは1話に出てきてたこと(4巻で初めて出てくる描写などもアニメ1話に出てきてたりしてました)

まあ細かい変更点ではありますが正直アニメから見た人でも入りやすいような変更点であるので個人的にはとてもいいかなと思いました。

基本的にOP手前からBパート最初のノムラの表情以外はオリジナルになってましたね。
まあ恐らく説明をマスコから佐々ちゃんに移行するためでしょうが。

拡声器あたりから原作のセリフに戻ってきましたね。

ノムラの「上の牙のついでに下の牙もくれてやったのか」というセリフもアニメでは輪ちゃんに向けいってますがアレ漫画ではマスコに向けていってたりします。

八寸の延がねに関しても原作では説明あったりしましたがさすがにアニメだとカットされてましたね(まあ全部説明してたら尺足りないですもんね)

因みにノムラがなぜヒロインである鬼瓦輪と同じクラスである13組になったかってのも説明省かれてましたね。
これは輪ちゃんが13組に入ってくる転校生に対して容赦なくてその転校生がほとんどやめてしまったから13組の人数が少ないって理由からですね。
結構ちゃんと理由があったりします。


ちなみに原作でもアニメのような文字が技を使うとき、人物が出るときなどでていますが文字フォントも原作から変わってたりします。

f:id:hundredonAngel:20170406123353j:image
f:id:hundredonAngel:20170406123403j:image


(原作の文字見るとなんとなくキルラキルっぽいとか俺も思ったときあったよ)



あと実はノムラが魔弾と呼ぶ男は一人だけだという重要なカットも飛ばされていたりしましたねぇ。
f:id:hundredonAngel:20170406134954j:image


まあこのように細かいものも含めれば変更点は様々ありましたが初見でも原作勢でもいい感じに楽しめる1話になっていたと思います。


作品を彩るオープニングとエンディング

いや正直オープニングは大満足でしたね!
曲も去ることながら映像が正に最高でした。

特にここの五剣が揃っている場面は鳥肌たちましたね。
f:id:hundredonAngel:20170406105631j:image

あとは流派と名前もいれつつ一人一人の描写が入っていたのも最高でしたね!ここも鳥肌ものでした…。
f:id:hundredonAngel:20170406105306j:image
f:id:hundredonAngel:20170406105316j:image
f:id:hundredonAngel:20170406105332j:image
f:id:hundredonAngel:20170406105527j:image
f:id:hundredonAngel:20170406105537j:image


(まあさとりちゃんのところは正直原作みてる側からしたら予想外でもあったんですが)

オープニングを担当されていたのは輪の妹分であり次席筆頭である百舌鳥野のの役をされている伊藤美来さんでした。
オープニング映像と曲どっちも素晴らしすぎてもう最高でしたね…。

エンディングは天下五剣の5人が担当。こちらもとても素晴らしい楽曲になっていました。
映像もOPとは違った感じにいい感じでしたねえ。
オープニング、内容、エンディング…最高すぎて最高の塊ですね…。



ちなみに…

f:id:hundredonAngel:20170406130606j:image
こんなキャラ出てきてましたがこれ原作のあとがき漫画に出てくる担当の加藤さんって方です。
ちょっとアニメに出てきてビックリしましたw


1話の全体的な感想

いや、正直文句の付け所なんてないです。色々少しでも原作をいじるのはアニメやる以上仕方のないことですしそれを最低限に抑えてくれていて更に動きもいい感じで最高であっという間の30分でしたね。
アニメ初見勢の方々にも好評なようでしたしまだみていない、という方は是非見てくださると嬉しいです。
これからもこの調子でいってくれれば、と個人的には願っています。


原作は1巻~6巻まで発売中!

因みに現在、原作は1巻~6巻まで角川エースコミックにて発売中です。
そして7巻が11月25日に発売されまして、完全注文生産限定版には限定BDがついてきます。
この機会に買ってみてはいかがでしょうか。




では簡単にはなりましたが1話のまとめにさせていただきます。

あとでマキャヴェ原作から入りたいなって人のためにあらすじ書いてみようと思いますのでよかったら見てください。

あとこれから2話以降もこういう記事書いてきたいと思いますのでよかったら見てくださるとうれしいです。

あと昨日かいた初見勢へのススメもいう記事も公開中です。よかったら見てくださると嬉しいです。